ボディケア

知ってるのと知らないのとでは大違い?!バストケアが本当に必要な理由

女性であれば、誰もが気になるバスト。
大きさや形、そしてエイジング変化など、気になるバストのお悩みを解消するケアについて、一般社団法人日本バストケア協会の南さんにお話しをお伺いしました。


知らないと怖い?バストのエイジング変化

――南さん、まず初めにズバリお聞きしますが、 バストって、ケアしないとどうなってしまうのでしょうか?

南 : 美意識の高い女性でも、 『バストまではなかなか手が回らない』 『どうやってケアすれば良いのか分からない』 という方がほとんどかと思いますが、やっぱりケアしない限り、バストはエイジング変化でどんどん変わっていってしまいます。
バストのエイジング変化とは、形崩れやハリ・弾力の低下、そして、左右差が広がったりボリュームダウンなど、人によって様々な変化をしていきます。


例えば、バストが比較的大きく、お肌のきめが細かい方は、バストの重みで皮膚が伸びることでの形崩れやバストの下垂が起こりやすいです。
また、ボリュームが小さい方は、ブラジャーがフィットしにくくずり上がってきやすいため、バストのラインがあやふやになり、他の部分にお肉が流れてボリュームが無くなってしまう場合が多いです。

――うわ~、怖いですね。 人によって、いろんなエイジング変化の仕方があるんですね。私は垂れやすいタイプかも。 すでに垂れてきているように感じますが、今からでも間に合いますか?

南 : もちろんです! バストケアは、実はお顔のスキンケアに近いものなんです。
バストのボリュームの大半は皮下脂肪ですが、皮下脂肪とは皮膚に張り付いているものです。 ですので、バストの重みでデコルテからバストにかけての皮膚が伸びることで、バストの形が崩れていきます。


例えば、肩の高さが左右で違ったり、肋骨が一部だけ飛び出しているなど、身体に歪みがあると、バストへの重力のかかり方が左右で違ってくるので、それによって左右非対称に皮膚が引き伸ばされて形崩れする中で、バストの左右差が生じてきます。


また、授乳によってバストがしぼんでしまうのは、授乳中にバストが大きく膨らみ引き伸ばされた皮膚が、授乳後にバストがもとの大きさに戻り、余ってしまうことで起こります。
急激なダイエットでバストがしぼんでしまうのも、同じようにバストのボリュームに対して皮膚が余ってしまうからです。
そう考えると、バストケアでは【皮膚を引き締める】ことが重要なポイントだとお分かりいただけるかと思います。


バストケアは、スキンケアと同じように『手遅れ』というものはなく、毎日の習慣として続けることで、確実に美しさを取り戻していけるものなんです。 今日より早いスタートはありませんので、バストが気になる方は一日でも早く、バストケアをスタートしていただきたいです。

バストケアはスキンケアと同じ

バストケアの始め時について

――なるほど! なんだか希望が持てます。 ちなみに、私には高校生の娘がいるのですが、彼女と一緒にはじめても良いものですか?

南 : バストケアのはじめ時は、『悩みを感じはじめた時』です。
例えば成長期の女の子に締め付けの強い下着が必要ないように、オーバートリートメントにならないように見極める必要があります。 それは難しいことではなく、心と身体の声に耳を傾けることなんです。


『友達の中で一番バストが小さい』と感じたり、『最近垂れてきたなぁ』と感じたり、女性は同世代の平均値や過去の自分と比較した時に、美に悩みを感じるものです。
もし、『友達の中で一番バストが小さい』と感じるのであれば、それはバストの成長を妨げている要因があるということですので、健やかなバストの成長をサポートするためにケアが必要になってきます。


また、『最近垂れてきたなぁ』と感じるのであれば、それはバストのエイジングのサインですので、生き生きとしたバストを取り戻すためにケアが必要になってきます。
『バストをケアしたい』と思うタイミングが、実は自分にとってケアが必要だと、心が教えてくれているサインなんです。


また、様々なケア方法の中で、『どれが自分に合っているのか?』は、身体が教えてくれるものです。
心地よく感じるものであれば、それはバストが喜んでる証拠です。
逆に、ケア中にイタ気持ちいいを越えて、バストに痛みを感じたり、気持ち悪かったりする場合は、処置をやめておきましょう。
心と身体の声に耳を傾けながら、無理せずご自身のペースで、心地よく楽しくバストと向き合っていきましょう!

文・取材協力:南育枝


バストケア協会 南育枝
《一般社団法人日本バストケア協会代表理事》
南育枝(みなみいくえ)
大阪市生まれ。 近畿大学理工学部にて生命科学を学ぶ。 下着フィッターとして延べ2,000名を超える女性のバストの悩みと向き合う中でバストと体質の関連性に気付く。 2014年、経済産業省の女性企業家応援プロジェクト『LED関西』を受賞し、一般社団法人日本バストケア協会を設立。 『日本にバストケアという美容習慣をつくる!』を使命として、バストケアの普及に努める。
この記事を書いた人
合わせて読みたい記事

【サロンのお悩み相談室】身体の正しいサイズの測り方を知ることが「美BODY」への第一歩!

ボディケア 2017年5月8日
からだをキレイに整えるメディア「トトカラ」
皆さまこんにちは!HEAVEN試着体感サロンのフィッターの夏目です。 突然ですが、皆さまはご自身のサイズを測った事はありますか? ダイエッ …

脇肉・背中肉はマッサージで解消!カンタンにできる”ながら”ストレッチ!

ボディケア 2018年7月20日
からだをキレイに整えるメディア「トトカラ」
「すでについちゃった脇肉・背中肉をどうにかしたい!」という人には、手軽にできる“ながら”ストレッチがオススメ。今回は、入浴しながら、テレビを …

夏の紫外線も怖くない?!シミ・そばかすの老化肌を防ぐ大人女子の鉄則

ボディケア 2017年7月21日
からだをキレイに整えるメディア「トトカラ」
じめじめした梅雨が明けるといよいよ夏本番! 本格的なレジャーシーズンが到来し、子供と一緒に海で水着で遊んだり、山でバーベキューやキャンプをし …