ボディケア

11人に1人が乳癌に。自分と家族の幸せを守る癌の予防・早期発見のススメ

「癌(がん)は不治の病ではなくなった」といわれることもありますが、癌はいまだ多くの人々の命を奪う重大な病であることに変わりありません。

乳癌は女性がかかりやすい癌のナンバーワン。命を危険にさらす恐怖や女性らしさのシンボルの胸を失う苦しみなど、肉体的にも精神的にも大きな負担を強いられます。しかし、そんな乳癌も定期的な検診とマンモグラフィー検査で早期発見をすることができるのです。

毎年10月のピンクリボン月間にちなんで、知っているようで知らない乳癌の実際を一緒にお勉強してみましょう。知識を付ければ意識が変わり、意識が変われば乳癌予防につながります。一人でも多くの女性が乳癌の苦しみ・悲しみから解放されますように。

乳癌は驚くほど身近な病気。30代・40代女性は最大限の注意を

乳癌は女性に最も身近な癌。国立がん研究センターの統計では、日本の乳癌罹患(にゅうがんりかん)率は年々増加し、生涯のうちに乳癌を発症する女性は11人に1人にのぼっています。

年齢が上がるほど罹患率が高くなる通常の癌とは違い、乳癌は30代後半から急激に増加して40代後半にピークを迎えます。つまり乳癌は女性や母としてフル活動している年代の人がかかりやすいという事。30代・40代女性にとって看過できない重大なリスクなのです。

日本の乳癌検診受診率は悲しいことに先進国の中でも断トツの最下位。アメリカが80.8%、イギリスが75.9%と軒並み好成績なのに比べ、日本の受診率は41%と半数以下です。それに反比例するのが乳癌による死亡率。外国諸では死亡率が年々減少しているのに対し、日本では死亡率が増え続けています。

乳癌は早期発見・早期治療をすることで90%以上が完治できるといわれています。きちんと検診を受けていれば早期発見の可能性が高く、身体のダメージもそれだけ少なくおさえられます。30代・40代の乳癌注意年齢の女性はもちろん、それ以外の年齢の方も、忘れずに乳癌検診を受けましょう。

ピンクリボン2.jpg

定期的な乳癌検診はマスト。普段の予防意識の高さこそが乳癌に打ち勝つ鍵

年々罹患率が高まっている乳癌。著名人が乳癌をカミングアウトしたり、闘病生活をブログで公表したりしたことで、世間の関心も高まっています。

現在のところ、残念ながら乳癌の原因は特定されていませんが、女性ホルモンのエストロゲンが癌の発症や増加に大きく関与しているようです。 エストロゲンのレベルが高いと乳癌のリスクが高まると考えられるため、未婚の人や初産年齢の高い人、初経年齢が早かった人や閉経年齢が遅かった人は高リスクになる恐れが。

また、食事をはじめとする生活様式・生活環境の欧米化や飲酒などの生活習慣、家族に乳癌にかかった人がいるなどの遺伝要素もリスクを高めます。

乳癌は予防意識を高く持ち、定期的にマンモグラフィーなどの検診を受けることがなによりも重要です。各自治体で行われている2年に1度の乳癌検診(40歳以上の女性)のほかに、月に1度は自分でも乳房の状態をチェックしましょう。

乳癌の自己検診法

◇目で見てチェック
上半身になにも身に着けずに鏡の前に立ち、頭の後ろで手を組みます。胸の一部が膨らんだり窪んだりしていませんか?ただれや皮膚の変色、引き連れなども要チェックです。

セルフチェック2.jpg

◇触ってチェック
両乳房と脇の下のリンパを「の」の字を書くように指先でゆっくりマッサージしながらしこりを探します。癌ができやすい乳房の下部は入念に調べましょう。力を入れて触りすぎるとしこりがわからなくなるのでご注意を。

セルフチェック1.jpg

◇寝てチェック
仰向けに寝転がって触診します。バストが横に流れて少し平らになるため、立っているときよりもしこりが見つけやすくなります。胸の大きな人はぜひ試してみましょう。

セルフチェック3.jpg
 

10月はピンクリボン月間。世界中の女性が集う乳癌の啓蒙フェスティバル

毎年10月は世界各地で乳癌啓発のイベントが開催される乳癌月間です。なかでも1980年代にアメリカで始まったピンクリボン運動が有名で、日本でも2000年ごろから活動が活発化。毎年10月には恒例のピンクリボンフェスティバルが実施されます。

開催15年目となる今年は東京、神戸、仙台がメイン会場となり、各地で数千人が参加するウォーキングイベント、スマイルウォークを実施します。

また、平日は忙しくて乳がん検診を受けられないという人のために、毎年10月第3日曜日に全国の医療機関で乳癌検診とマンモグラフィー検査を受けることができるJ.M.S(ジャパン・マンモグラフィー・サンデー)が実施されます。2017年は10月15日(日)が検診デーなので、この機会に受診してみてはいかがでしょうか。

乳癌の現実と正しい知識、乳癌検診の大切さを広めて、一人でも多くの人が乳がんの苦しみから救われるように、とはじまった10月の乳癌関連イベント。同じ女性としてぜひ応援したいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・

【2017年ピンクリボンフェスティバル】
東京:シンポジウム10月1日(有楽町朝日ホール)
スマイルウォーク10月7日(六本木ヒルズアリーナ)
神戸:スマイルウォーク10月14日(スペースシアター)
仙台:スマイルウォーク10月28日(勾当台公園いこいのゾーン)

※イベント詳細はピンクリボンフェスティバル2017にてご確認ください。
※上記イベントの他にも、各地にて検診やセミナー、スタンプラリーなどが開催されます。詳しくは各地のピンクリボン関連団体、乳癌関連団体へ。
【J.M.S(ジャパン・マンモグラフィー・サンデー)】
実施:全国の医療機関
日時:2017年10月15日(日)
※各地の実施医療機関は認定NPO法人J.POSH(日本乳がんピンクリボン運動)にてご確認ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・


幸せな社会を明るく照らすのは女性の元気な姿。乳癌は決して他人事ではなく、誰でもなる可能性のある病気です。大切な人の笑顔を守るため、そして自分自身の健康を守るために、ぜひ身近な癌のリスクに意識を傾けてみてください。

10月には世界中の多くの都市で乳癌にちなんだイベントが開催されます。この世界規模のフェスティバルの力を借りて、あなたも毎年10月を胸の健康を見直す乳癌予防月間にしてみては?乳癌検診がご無沙汰の人も、定期的に検診を受けている人も、もう一度、この機会に自分のバストをチェックしてみてくださいね。

 

監修・取材協力:粂井利映美
取材・文:林カオリ
【参照】
国立がん研究センター がんに罹患する確率~累積罹患リスク
日本医師会 諸外国のがん検診データ
ピンクリボンフェスティバル2017
認定NPO法人J.POSH(日本乳がんピンクリボン運動)


ブラ美活研究家 粂井利映美
《ブラ美活研究家 》
粂井利映美(くめいりえみ)
「モノ”づくりは”ひと”づくり」を理念に、女性の美と健康を見据えた下着開発・教育を推進するブラ美活研究家。
20年を超えるブラ開発者のキャリアの中で、5000人以上の女性のボディチェックを行い、3000点以上の商品を世に送り出した実績を持つ。
2011年より、からだと下着の繋がりを重視した下着コンサルタントとして独立。「ブラを味方につけて、-5キロ痩せて見せちゃうセミナー」、「もっと早く聞けばよかった!~おっぱいとおしりのはなし」など、身体の構造と下着の関係を分かりやすく説明する各種セミナーは、日本国内だけでなく、中国・韓国・タイでも大好評。
現在、女性の街として知られる兵庫県宝塚市在住。

 

フリーライター 林カオリ
《フリーライター・コラムニスト》
林カオリ
15年のオーストラリア滞在を経て、2012年に帰国。海外滞在時にはライフスタイルや海外情報・教育のスペシャリストとして、日豪両国で多数の媒体に執筆する。帰国後は女性の下着やライフスタイルの他、子育て・教育関連など、大人の女性の「知りたい」や「困った」に応える等身大の執筆活動を開始。20年を超える物書き経験と海外生活で得た知識やスキルを生かした取材・執筆が得意だが、2人の女児の育児に悪戦苦闘する”あかんたれ母”の側面も持つ。
忍び寄るエイジングを肌身でひしひしと感じつつ、HEAVEN Japanのライターとして自分のボディを切磋琢磨する(つもり)の日々。
合わせて読みたい記事