適正下着

ぽっこりお腹が即解消!下着のプロの奥の手はボディバランスの調整にあり

「自分のボディで気になる場所は?」と質問すると、高確率で上位に挙がるのが「お腹周り」という回答。昔はぎゅっと引き締まっていたウエストが年齢とともにサイズアップし、気が付けば服の上からでもバレるほどお腹ぽっこりに。
「日々の努力が必要なのはわかっているけれど、今すぐにお腹を引っ込ませたい」という悩める女性のために、プロ直伝の”お腹すっきり下着活用テク”をご紹介。ユルい服ばかりで身体のラインをごまかしている大人女性は必読ですよ!

 

どうしてお腹が出るの?肥満だけじゃない、ポッコリお腹の原因いろいろ

太鼓腹や三段腹、どてっ腹にビール腹…。お腹周りは男女とも脂肪を蓄えやすい要注意のパーツです。ウエストが太くなってしまうのは百歩譲って仕方ないとしても、服の上からも見て取れるほどの”ぽっこりお腹”は見た目への影響が大。女性ならなんとか解消したいですよね。

皮下脂肪の増加の他に、加齢もお腹が出る大きな原因。歳を重ねるとだんだんとお腹周りの筋肉が落ち、皮下脂肪の肉質もうんと柔らかく変化します。増殖した脂肪は胸やお尻などのあるべきところに落ち着かず、どんどん流れ出て筋肉の落ちた腹部周辺に溜まることに。
特に出産を終えた女性は、お腹の皮が伸びやすくなっているため脂肪がつきやすくなっています。また、産後に骨盤が開いたままだと内臓が下がって骨盤内に収まってしまい、さらにお腹周りを増長させてしまうことに…。

そんなお腹ぽっこりを根本的に解消するなら、筋肉増強、骨盤調整を目的としたエクササイズを続けたり、姿勢や座り方を正したりなどの正統派の地道な努力が必要です。
「わかっているけど、とにかく今すぐお腹を引っ込めたいの!」というアナタ。そんな時は、即席でぽっこりお腹を解消できるプロの下着活用法を試してみては?


数日後に迫った大切な日にも即活用できる下着でぽっこりお腹を引っ込める裏技をご案内します。

下腹ぽっこり派?上腹ぽっこり派?あなたのぽっこりに即効く下着

おへそから上がぽっこり出る人、ウエストの下がぽっこり出る人と、ぽっこりお腹は2種類あります。
上腹ぽっこり派の人は上半身が短めのことが多く、食べ過ぎたらすぐに胃がポンと出てしまうタイプ。上腹を抑えるおすすめ下着の代表はブラのすぐ下のあたりからウエストまでのボディラインをカバーするウエストニッパー。その他にもブラジャーとニッパー、ガーターベルトが一つになったスリーインワンやボディスーツなども上腹ケアに効果を発揮します。

koss5000.jpg
≫HEAVEN Japanショーツ一体型ウエストニッパー 『贅肉キャッチャー』≪

 

次に多数派の下腹ぽっこり派。ここはやはりガードルの出番です。数あるガードルの中でも特におすすめなのは、ウエスト部分の仕上がりがしなやかで、腹部周辺の布地が少し厚めになっているもの。無理にお腹を圧迫するのではなく、生地の面を使用してお腹を押さえる構造の補整ガードルなら、履き心地が抜群で長時間付けていても息苦しさを感じません。

onelineガードル.jpg
≫HEAVEN Japan 『OneLineシリーズ ガードル』≪
 

プロの技がさく裂!ブラ使いで下腹が引っ込むトータルバランス法

ウエストニッパーやガードルでお腹を押さえる方法は、正直なところ特に目新しくはないですよね。しかし、下着のプロはそこからさらに技をプラス!
お腹とともに注目すべきはなんとブラジャー。胸のトップをブラで渦高く演出できれば、その対比でウエストは引っ込んだように見えます。胸を盛ってお腹を押さえると身体のメリハリが強調されてぽっこりお腹が目立たなくなるというわけです。


コツはバストを身幅に収めるように前に盛ること。脂肪の凸凹を解消してボディラインをひとつのラインに整えることも大切です。
さらに、ブラ、ガードル、ウエストニッパーの3点をフル活用して、バストとウエスト、ヒップを理想の位置に修正します。腕の肩から肘のちょうど半分の高さにバストトップ、腕の肘の関節の高さにウエスト、身長のちょうど半分の高さにヒップがあれば、位置修正は完璧!プロもうなるほどのボディが仕上がるはずです。


トータルバランスを美しく整える方法は、 『自宅でできる実践ボディメイク!美プロポーションはS字ラインが決め手』もぜひご参考ください。

美ボディを作るにはS字ラインが必要
ガードルでお腹周りを必死に押さえているのに、なぜかファッションが決まらないなら、それはお腹のせいだけでなくボディバランスが悪いからかも。お腹の他に、胸やお尻も一緒にトータルで整えると、見間違えるほど美しいプロ仕様の即席ボディメイクがかないます。
お腹ぽっこりを今すぐ解消したいひとは、ぜひ目から鱗のプロのトータル下着テクニックを実践してみてくださいね!

 

監修・取材協力:粂井利映美
取材・文:林カオリ


ブラ美活研究家 粂井利映美
《ブラ美活研究家 》
粂井利映美(くめいりえみ)
「モノ”づくりは”ひと”づくり」を理念に、女性の美と健康を見据えた下着開発・教育を推進するブラ美活研究家。
20年を超えるブラ開発者のキャリアの中で、5000人以上の女性のボディチェックを行い、3000点以上の商品を世に送り出した実績を持つ。
2011年より、からだと下着の繋がりを重視した下着コンサルタントとして独立。「ブラを味方につけて、-5キロ痩せて見せちゃうセミナー」、「もっと早く聞けばよかった!~おっぱいとおしりのはなし」など、身体の構造と下着の関係を分かりやすく説明する各種セミナーは、日本国内だけでなく、中国・韓国・タイでも大好評。
現在、女性の街として知られる兵庫県宝塚市在住。

 

フリーライター 林カオリ
《フリーライター・コラムニスト》
林カオリ
15年のオーストラリア滞在を経て、2012年に帰国。海外滞在時にはライフスタイルや海外情報・教育のスペシャリストとして、日豪両国で多数の媒体に執筆する。帰国後は女性の下着やライフスタイルの他、子育て・教育関連など、大人の女性の「知りたい」や「困った」に応える等身大の執筆活動を開始。20年を超える物書き経験と海外生活で得た知識やスキルを生かした取材・執筆が得意だが、2人の女児の育児に悪戦苦闘する”あかんたれ母”の側面も持つ。
忍び寄るエイジングを肌身でひしひしと感じつつ、HEAVEN Japanのライターとして自分のボディを切磋琢磨する(つもり)の日々。
この記事を書いた人
合わせて読みたい記事

授乳中もキレイを諦めない産後ブラ

適正下着 2018年7月20日
からだをキレイに整えるメディア「トトカラ」
赤ちゃんの授乳や身の回りのお世話で、毎日めまぐるしい日々を過ごしている産後ママ。とりまく環境も自身の身体も急激に変化し、慣れない生活に戸惑っている方も多いかもしれませんね。今回は産 …

どんなバストが魅力的?皆がなりたいバストとは。バストアップブラアンケート結果【第三弾】

サイズ 2017年9月3日
からだをキレイに整えるメディア「トトカラ」
3回にわたってご紹介させていただいた集計結果も今回が最後になりました。 総勢491名にご参加いただきました、バストアップブラについてのHEA …