ライフスタイル

安産?難産?今だから笑える、出産時のあるあるエピソード♪

女性にとって、人生の一大イベントである「妊娠・出産」。出産を経験したことのある方は、それぞれに何かしらのエピソードをお持ちのはず。
今回は「出産あるあるネタ」を、人生経験豊富なお母さん達が揃うHEAVEN Japanの出荷担当スタッフの皆さんに聞いてみました。 「私もそうだった!」から、「まさかそんな事ある?」まで、それぞれの出産経験エピソードをお楽しみください♪


● 怒られちゃった…

・帝王切開での出産の手術のため、タクシーを呼んだが来なかったので、自分で運転をして病院に言ったら怒られた。
(危ないのと入院中車を置きっぱなしにすることの両方です。)


・長男の出産時、31時間もの時間がかかった難産で、苦しさのあまり「帝王切開でも何でもいいから早く出して~!」
と思わず口にして看護婦さんに怒られた。


● あっけなく…?

・よく聞く、10分おきとか3分おきの陣痛がなく、痛いなーと思った時から2時間ほどで子宮口全開!ズルズル降りてきているのが分かるくらい、呼吸をする度に降りてきた。
分娩台に乗ってからするはずだった点滴が間に合わず、結局産まれてから点滴をした。ちょっと思い描いていたのと違う出産となった。


・運動好きだったからなのか、スムーズに出産しました。あまりに早く出産してしまい、赤ちゃんが肺呼吸になりきれず、保育器に入ってしまいました…


● 心強い付き添いのはずが…

・微弱陣痛のため、促進剤を入れて陣痛の間隔をはかっている横で、いちいち母親が「もうすぐ来るで~、もう痛いやろぉ?」と言ってくるので、本を読んでいるフリをしていたら、「あんたは呑気やなぁ。痛くないの?」と言われた。
「痛いに決まってるやろ!いちいち言われるのが鬱陶しいねん!」と心の中で叫んだ。


● 力み過ぎて…

・想像していた以上に痛くて、ベッドの手すりにずっとしがみついていたので、出産後青アザができていた…


・子宮頚管無力症の手術で子宮口を縛っていた糸を、臨月に入ってから抜糸したのだが、抜いたとたんに破水してしまい、速攻で陣痛がきた!
先に分娩台に寝ていた妊婦さんに「すみませ~ん!!」と、どいてもらって無事に出産した。先に乗っていた人、ごめんなさい…。


● いま思い出すと笑えるエピソード

出産おもしろエピソード

・帝王切開で出産したので、怖くてリラックスする為にも先生に「音楽とか聞かせてください」とお願いしたら、「お母さん、赤ちゃんの産声を聞いてあげてください」と言われました。(なるほど…)


・出産時、汗を拭くのに新品の黒いタオルで使っていたら、顔が黒の繊維で真っ黒になった…


・産院がおススメしていた「ソフロロジー出産」。妊娠中から、リラックスできる曲のようなものを聴き、出産のイメージをするセリフ入りのCDを聴かされていた。
さんざんトレーニングして、いざ出産。産まれた後、看護婦さんが「あ!CD流すの忘れてました~(笑)」って!確かに流れてなかったけど、私も陣痛でそれどころではなかったし…。


いかがでしたか?スルッと産まれた人もいれば、かなり苦労した人やこんなはずでは!?なんて経験をした人もいて面白かったですね。でもこうやって笑えるのも、無事に出産できたからこそ。これから出産を控えていらっしゃる方も、先輩方のエピソードを参考に、あまり気負わずにご無事に出産されることをお祈りしております。

次回は「子育てあるある」についてご紹介しますので、どうぞお楽しみに♪

 

アンケート協力:HEAVEN Japan出荷メンバー
文:小西恵美
画像作成:ロッキー


小西恵美
HEAVEN Japan マーケティング部
《HEAVENのSNSエキスパート》
小西 恵美
HEAVEN Japanの公式Facebook・LINE・Twitter・インスタグラムを担当。持ち前のミーハー心で、毎日オモシロいことを探してはSNSのネタに使えないか模索している。旅行&ネコ好き。
ロッキー
HEAVEN Japan マーケティング部
《お笑い担当WEBデザイナー》
ロッキー
HEAVEN JapanのWEBページ&印刷物デザイン担当。ビール大好で豪快な人ですが作り上げる作品はとても繊細♪ファンタジックな脳内で無限の可能性を作り出します。
この記事を書いた人
合わせて読みたい記事