ボディケア

【サロンお悩み相談室】このボコボコどうにかしたい!贅肉のつきにくい身体にするには?

こんにちは!HEAVEN Japanフィッターの夏目です。
今日は、気温が上がり薄着の季節になると、特に気になり出すお悩みをご紹介します♪

【今日のお悩み内容】

『 背中・脇・お腹のボコボコを何とかしたい! 』

体重が増えていなくても、気付くと何故か脇や背中にもついてしまっている贅肉…
これ、実はブラの着け方が原因のひとつであることが多いんです!
自分に当てはまっていないかどうか、ひとつずつチェックしながら見ていきましょう。


・ サイズが合っていないブラジャーの着用をやめる

サイズが小さいブラを着けていると、カップに入りきれないバストのお肉が流れて、脇や背中についてしまいます。
そうです、贅肉の一部は実は元々バストだったお肉なんです!
なんてもったいない…
自分のバストに合ったサイズのブラを着用し、しっかりと脇や背中のお肉をカップ内に収めてあげましょう。

 

・ ブラジャーのストラップをきちんと調整する

ストラップとは、ブラジャーの肩にかける紐の部分のこと。
このストラップが緩いと、肩とバストの間から背中へとバストが流れていってしまいます。
ブラを買って以来、ストラップを調整したことがない、なんて事はいないですか?
触っていなくても、着け続けたり洗濯したりすることでストラップが緩くなってきます。
なるべく毎回、ストラップの長さをきちんと調節して、バストが脇に流れないようにしましょう。

 

・ バージス(バスト下の輪郭)に合ったブラを着ける

ブラの形状、カップの形は物によってそれぞれ異なります。
例えアンダーやカップのサイズが合っていても、形状が自分の胸に合っていなければ意味がありません。
バストの付け根(バストがくっついている所)と、ブラジャーのカップのワイヤーが合っているかを確かめてみてください。

ブラジャーイメージ
・ 姿勢を良くする
猫背になると、背中や胃、お腹周りなどに贅肉がつきやすくなります。
特に最近では、スマホを見る機会が多くなり、前かがみになっている人をよく見かけます。
普段から意識をして、姿勢を正すようにして猫背にならないように気をつけましょう。


また、付いてしまった脇や背中のお肉は、もみほぐすと動きやすくなる可能性が高くなります。
特に身体が温まる入浴中や、お風呂上りのモミモミが効果的!
ブラを着ける前も、少し周辺のお肉をもみほぐしてから胸の方へ持って行くと、 ブラにお肉を収められやすいですよ♪

文:夏目あゆみ


夏目あゆみ
HEAVEN Japan 試着体感サロン
《からだアドバイザー》
夏目 あゆみ
HEAVEN Japan試着体感サロン心斎橋店にて、 肉質、骨格に基づいた商品の提案、及びからだの悩みに対するアドバイスを行なっています。 韓国が大好きです。

 

HEAVEN Japan試着体感サロン心斎橋店
≫HEAVEN Japan試着体感サロン≪

この記事を書いた人
合わせて読みたい記事