下着

めざせ夏の浴衣美人!押さえておきたい和装時の「下着」のポイント

夏の気分を盛り上げてくれる「浴衣」でのお出かけ。でも、浴衣を楽しむときの下着をどうすればよいかわからないという方もいるのではないでしょうか。今回は浴衣など和装の時の下着の選び方などについてお伝えします。
花火大会や盆踊り、夏祭りなどに出かけるなら、浴衣姿で行きたい! と考えている方は多いと思います。

ちょっぴり敷居が高く感じる和装を、比較的手軽に楽しめるのは浴衣の魅力ですね。 だけど普段あまり和装になじみがないと、ちょっと困ってしまうのが「下着」についてではないでしょうか。
和装の時って下着はどうすればいいの? そんな疑問にお答えします。

和装の時のブラジャーは何を着けるべき?

和装は、昔の日本人の体型に合わせて作られたものです。 成人式などで振袖を着る時に、ブラジャーを着けずに着付けしてもらったという方は多いかと思います。それは、和装自体が平面的な作りのため、どちらかというと凹凸の少ない体型の方が美しく着こなせるからです。

バストとウエスト、ヒップの凹凸の差が大きい場合は、着崩れの原因となることもあるので、タオルをあてがうなどして凹凸をなだらかにすることもあります。 着た時の美しさを長持ちさせたい和装の場合、極端にボリュームアップさせたり、バストトップを高く見せてくれるようなブラジャーは避けた方がいいでしょう。


また、ブラジャーのレースや色が透けて見えたり、着崩れて肌が見えたりすると下品な印象になってしまいます。外側に響きにくい、ベージュのモールドカップや、締めつけの少ない夜用のブラ、スポーツブラ、また大きな胸を小さく見せてくれるミニマイザーブラなどがおすすめです。

浴衣の下着2.jpg
≫HEAVEN Japanのミニマイザー「コンパクトブラ」≪

ブラジャー以外の下着はどうしたらいいの?

では、ブラジャー以外の下着についてはどうするのが良いでしょうか。
素肌にさらっと浴衣を着るのも良いかもしれませんが、夏はどうしても汗をかくものです。浴衣に汗が染みたりしないように、下着を着ることをおすすめします。
こちらも、和装専用の肌着を購入しても良いですし、洋装用のキャミソール+ペチコートなどでも特に問題ありません。 浴衣の時の下着は、汗を良く吸って、乾きやすい生地のものを選びましょう。 綿や麻、あるいは最近いろいろと出ている吸汗速乾素材なども良いでしょう。

また、ブラジャーと同じように、こちらもショーツのラインや色が透けてしまうと、せっかくの浴衣美人が台無しになってしまいます。ラインの響かない、足口が切りっぱなしのショーツや、お尻をすっぽりと包みこんでしまうショーツなどもおすすめです。

浴衣の下着1.jpg
以上、意外と困ってしまう浴衣の時の下着についてお伝えしました。 浴衣でお出かけする時の参考にしてみてくださいね。

この記事を書いた人
合わせて読みたい記事

不二子みたいなセクシーバストに!?「老け胸」に効くバルコニータイプのブラジャーって?

適正下着 2017年5月19日
からだをキレイに整えるメディア「トトカラ」
アラサー・アラフォー世代にありがちな「ブラのパカパカ」。 若い頃はブラジャーのカップにバストがみっちり詰まっていたはずなのに、なぜか最近は …