適正下着

グラマーだって悩みはいっぱい! 大きな胸をスッキリ小さく見せる快適ブラ選び

「胸が大きくて困る」と悩みを打ち明けても、なかなか他人に理解してもらえないグラマーさん。でも大丈夫。あなたと同じ大きい胸ゆえの切実な悩みを抱えている仲間は意外にたくさんいます!今回は人知れぬ苦労をしているグラマラス女性の悩みを解決する下着についてのお話。自身もグラマーで困った経験があるというブラ美活研究家の粂井先生に、胸をすっきりと小さくコンパクトに見せるコツをお伺いしました。ブラの仕組みや構造を知って、大きい胸の悩みをキレイに解消しちゃいましょう!

好きな服が着られない!? グラマーさんならではの悩みあれこれ

ブラ開発の参考のためにHEAVEN Japanが開催した「グラマーさん座談会」。8名のグラマーさんたちが本音で語ったこの座談会では、胸の形やブラの悩み、服の着こなしの悩みなど、胸の大きい女性ならではの悩みをテーマに大いに盛り上がりました。

まずはストラップの問題。「ストラップが肩に食い込む」、「短くしていても胸の重みでいつの間にかストラップが下がってくる」、「大きなサイズのブラはストラップが太くて夏場に見えるのが恥ずかしい…。もっとかわいいストラップが欲しい」…などなど、ブラのカップを支えるストラップ一つでも、大きな胸の持ち主には困ったポイントに。肩こりなどの身体の不調やデザインの問題まで、ボインならではの悩みは深いのです。


グラマーさんのファッション問題も深刻です。「スーツのシングルボタンが弾けた」、「ジャケットやシャツの胸のボタンが閉まらない」などなど、プチ胸さんにはうらやましいようなエピソードですが、グラマー本人には大問題。気に入った服を見つけても着られない…なんてこと、実は日常茶飯事なのだとか。


そして、最後に見かけの問題。「太って見える」、「モサッと野暮ったく見える」、「身幅よりも胸が横にはみ出すのが嫌」という意見が多数。少しでも大きな胸を小さくコンパクトに見せようと、日々涙ぐましい努力をしています。
そこのグラマーさん。「うんうん、そうなのよ!」と首を縦に振って、共感しているのではありませんか?

グラマーならではのお悩み。巨乳を放置すると下垂の原因に!
 

グラマーならよりご注意を。大きな胸を放置すると加齢に拍車が

そもそも胸が人より大きく発達するのはなぜなのでしょう?粂井先生に伺うと「遺伝的要素や生活習慣、食習慣などの多数の要素が重なり合って、女性ホルモンに影響を与えた結果、胸が大きく発達するのだと思います」とのこと。
現在のところ、グラマーになる理由を特定することはできませんが、一つだけはっきりしているのは、その大きな胸のケアを怠ると、人一倍、胸の老化が進みやすいという事。


大きさや重量があればそれだけ重力によるダメージが大きい上、大きな胸の女性は柔らかい脂肪質バストの持ち主が多いことから、エイジングによる垂れも進行しやすいそう。普段は羨ましがられる
ことが多いグラマーさんですが、胸の悩みはいつまでも尽きないのです。

ブラで悩みが一挙解決! 念願のコンパクト胸の作り方

巨乳の悩みを解決しつつ、胸の下垂に対抗できるブラジャーが今すぐ欲しい方。粂井先生のアドバイスでは、「横に広がりがちな大きい胸を小さくまとめて、胸の高さを抑えるには、胸を支えるワイヤーの形に注目しましょう」とのこと。
たとえば、HEAVEN Japanのコンパクトブラは、左右の胸を一つにまとめるL字ワイヤーを使用。胸をすっきりと中央に寄せて、バストの横からのはみ出しを解消します。また、トップが渦高く盛り上がる通常のU字ワイヤーに比べて、L字ワイヤーは胸の底面積が広がるため、自然にバストの高さも押さえることもできるのだとか。
悩みの種のストラップは、前面にアジャスターを付けることで簡単に長さの調節が可能に。取り外しもできるので、気分に合わせてストラップを変えて楽しめます。


大きな胸を無理に抑え込むことなく、美しいシルエットにまとめてしっかり支えるグラマーさん仕様のL字ワイヤーブラを選んで、胸のコンパクト化を楽しみつつ、アンチエイジング対策にも役立ててくださいね。

大きな胸をキレイにコンパクトに♪グラマーさんのお悩み解消ブラ
≫HEAVEN Japanのコンパクトブラ≪
 

気温の上昇とともに薄着になる夏は、いやでも大きなバストが目立つシーズン。グラマーさんの悩みもクローズアップされがちになり、大きな胸を包み隠すような洋服ばかりを選んでしまう人も少なくありません。

でも、そんな悩みももうおしまい!バストを小さくきれいにまとめてくれるブラがあれば、コンプレックスがアピールポイントに早変わり。今まで避けていた開放的な夏のおしゃれも自信をもって楽しめます。
今年の夏まつりでは、浴衣もはだけずにバッチリ決まること間違いなし!

監修・取材協力:粂井利映美
取材・文:林カオリ


ブラ美活研究家 粂井利映美
《ブラ美活研究家 》
粂井利映美(くめいりえみ)
「モノ”づくりは”ひと”づくり」を理念に、女性の美と健康を見据えた下着開発・教育を推進するブラ美活研究家。
20年を超えるブラ開発者のキャリアの中で、5000人以上の女性のボディチェックを行い、3000点以上の商品を世に送り出した実績を持つ。
2011年より、からだと下着の繋がりを重視した下着コンサルタントとして独立。「ブラを味方につけて、-5キロ痩せて見せちゃうセミナー」、「もっと早く聞けばよかった!~おっぱいとおしりのはなし」など、身体の構造と下着の関係を分かりやすく説明する各種セミナーは、日本国内だけでなく、中国・韓国・タイでも大好評。
現在、女性の街として知られる兵庫県宝塚市在住。

 

フリーライター 林カオリ
《フリーライター・コラムニスト》
林カオリ
15年のオーストラリア滞在を経て、2012年に帰国。海外滞在時にはライフスタイルや海外情報・教育のスペシャリストとして、日豪両国で多数の媒体に執筆する。帰国後は女性の下着やライフスタイルの他、子育て・教育関連など、大人の女性の「知りたい」や「困った」に応える等身大の執筆活動を開始。20年を超える物書き経験と海外生活で得た知識やスキルを生かした取材・執筆が得意だが、2人の女児の育児に悪戦苦闘する”あかんたれ母”の側面も持つ。
忍び寄るエイジングを肌身でひしひしと感じつつ、HEAVEN Japanのライターとして自分のボディを切磋琢磨する(つもり)の日々。
この記事を書いた人
合わせて読みたい記事