ボディケア

ぺたんこ垂れ尻にさようなら。丸くてセクシーな美尻を手に入れる方法

ぺたんこ垂れ尻にさようなら。丸くてセクシーな美尻を手に入れる方法
最近にわかに注目を集めている美尻。ぷるんと張った丸く美しいヒップは美乳と並んで女性らしさの象徴です。でも、後姿は自分でなかなか確認できないからか、お尻の美容はノーマークという人が多いのも事実。胸にエイジングの影響があるならば、同様にヒップにも老いが忍び寄ってきているということ。扁平尻、垂れ尻、四角尻など、笑えない残念なお尻に愕然とする前に美尻作戦あるのみです!
日常に気軽に取り入れられる簡単な美尻ケアで、誰もがハッと二度見する究極の丸尻を目指しましょう。


■ 扁平尻・垂れ尻って? お尻の運命を左右するエイジングの基礎知識


お尻の形は多々あれど、やはり一番美しいのはみずみずしい桃のようにハリのある”丸尻”。美尻女性のパンツスタイルは、同じ女性でも見とれてしまうほど素敵ですよね。
最近じっくりと自分のお尻を見たことがないあなた。若かりし頃のピチピチお尻を頭に描いているのなら、ここで一度、認識をリセットしましょう。

10代の頃の丸尻時代から月日は流れ、次第にヒップの頂点は下降気味に。プリプリの弾力も徐々に失われています。さらにはお尻のお肉が下へと流れ出し、ヒップと太ももの境界線があいまいに…。あるべきところにお肉がとどまらずに横に下にと垂れだせば、ぺたんこの扁平尻・垂れ尻のでき上りです。

もうこのあたりで手を打たなければ、さらにエイジングが進み、最終的には股関節付近の肉も削げ落ちる”老婆のお尻”になりかねません!

■ ぺたんこ垂れ尻は矯正できる!無理せずに美尻に変身するには


お尻の形を決定する要素として骨格は重要なポイント。下着美活研究家の粂井利映美先生によると、生まれつきの骨格の歪みの他、オムツのつけ方やよちよち時代の歩き癖からも骨格が形成されるとのこと。そして、骨盤の一部の骨が後ろにせり出していれば出尻になりやすく、逆に身体の内側に傾斜していれば扁平尻になりやすいのだとか!


運動嫌いの人や同じ姿勢で長時間座り続けるデスクワークの人などは、骨盤をサポートするお尻の筋肉が衰えやすく、扁平尻・垂れ尻の危険度がアップするので要注意です。


また、”出産”もお尻の運命を決定づける一大要素。出産で開いた骨盤を元に戻さなければ、産後のヒップラインが激変してしまいます。
「もうお手上げ!」と絶望するのは早いですよ。骨盤やその周りの筋肉は、正しい生活習慣や下着、エクササイズなどで矯正することが可能です!つまり、扁平尻や垂れ尻でも、日々の努力で美尻に鍛えなおすことができるのです。


まずは座り方、立ち方、歩き方を見直しましょう。日々、姿勢よく過ごすことで骨盤の傾斜が改善し、骨盤周りやお尻の筋肉も自然と鍛えられます。もう少し努力ができそうな積極的な美尻推進派には、簡単なエクササイズがお勧め。お尻最大の筋肉の大臀筋を鍛えるスクワットや片足を足の付け根あたりから大きく後方に蹴り上げるバックキックなどをコツコツ続けることでお尻の筋肉がみるみる蘇ります。

また、下着も老化防止の大切な要素。日々進行するエイジングに待ったをかける優秀なガードルの力を借りて、扁平尻と一刻も早くサヨナラしましょう。

垂れ尻アンチエイジングにはエクササイズが必要
 

■ 今どきのガードルは窮屈じゃない!? 初心者向けの快適ガードルも


生活習慣やエクササイズが攻めのエイジング対策だとすれば、下着は守りのエイジング対策。誰にでも必ず老いは訪れるものの、適切な下着を着用することで加齢のスピードや影響を最小限に食い止めることはできます。


垂れ始めたお肉を丸尻に戻したいなら、太ももごとケアできるロングガードルがおすすめ。
「最近、太ももが太くなってきた」という人は、お尻の脂肪が太ももに落ちてきた可能性が!ここは何としても、お尻にお戻りいただきましょう。


ぐいっと上げたポイントのお肉を逃さない強力なパワーネットを使用したものなど、しっかりタイプの補整下着が主流ですが、「窮屈なのは苦手」という人は、軽くて薄く柔らかな素材でできた履きやすいガードルからまずチャレンジを。
つけていないような軽快な補整下着でも、ヒップモールド製法など、縫製やプレスに工夫がされたガードルなら、自然にお尻を丸く整えてくれます。太ももやお尻のお肉が少な目のやせ型の扁平尻さんに、特におすすめです。

アンチエイジング!育尻ガードル尻まる子ちゃん
≫ソフトタイプ『育尻ガードル尻まる子ちゃん』≪

 

女性の象徴であるとともに、年齢が出やすい部分でもあるヒップ。いくらお肌や顔の手入れをがんばっていても、お尻のケアを怠ると、老けこんだ残念なスタイルになってしまいます。
「頭かくして尻隠さず」の中途半端なエイジングケアはもうおしまい。日々の生活習慣を見直して、今日から美尻活動をスタートしましょう!
老化に強力なブレーキを掛けるガードルの力を利用すれば、誰もが見惚れる美尻の持ち主になれること間違いなしです。

 

取材・文:林カオリ
監修・取材協力:粂井利映美


ブラ美活研究家 粂井利映美
《ブラ美活研究家 》
粂井利映美(くめいりえみ)
「モノ”づくりは”ひと”づくり」を理念に、女性の美と健康を見据えた下着開発・教育を推進するブラ美活研究家。
20年を超えるブラ開発者のキャリアの中で、5000人以上の女性のボディチェックを行い、3000点以上の商品を世に送り出した実績を持つ。
2011年より、からだと下着の繋がりを重視した下着コンサルタントとして独立。「ブラを味方につけて、-5キロ痩せて見せちゃうセミナー」、「もっと早く聞けばよかった!~おっぱいとおしりのはなし」など、身体の構造と下着の関係を分かりやすく説明する各種セミナーは、日本国内だけでなく、中国・韓国・タイでも大好評。
現在、女性の街として知られる兵庫県宝塚市在住。

 

フリーライター 林カオリ
《フリーライター・コラムニスト》
林カオリ
15年のオーストラリア滞在を経て、2012年に帰国。海外滞在時にはライフスタイルや海外情報・教育のスペシャリストとして、日豪両国で多数の媒体に執筆する。帰国後は女性の下着やライフスタイルの他、子育て・教育関連など、大人の女性の「知りたい」や「困った」に応える等身大の執筆活動を開始。20年を超える物書き経験と海外生活で得た知識やスキルを生かした取材・執筆が得意だが、2人の女児の育児に悪戦苦闘する”あかんたれ母”の側面も持つ。
忍び寄るエイジングを肌身でひしひしと感じつつ、HEAVEN Japanのライターとして自分のボディを切磋琢磨する(つもり)の日々。
合わせて読みたい記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。