着け方

フィッターが教えるブラジャーの正しい着け方でキレイなバストに

ストラップがきつくないか確認します ストラップの中に指を1本通し、前後に無理なく動かせるくらいがベストです

こんにちは。HEAVEN Japanフィッターの中谷です。突然ですが、皆さん、ブラジャーってどう着けていますか?意外と「気にしたことがない」という人や「なんとなく着けている」という人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、女性用下着やを取り扱う私たちが展開している『試着体感サロン』でお客さまにお伝えしている正しいブラジャーの着け方について、紹介させていただきますね♪

同じブラジャーでも着用方法でこんなに変わる!

女性下着コーナーを訪れると、「谷間ブラ」や「育乳ブラ」など、さまざまな種類のブラジャーが並んでいますよね。気になって購入する人もいると思います。ただ、せっかく機能的な構造のブラジャーを買っても、着け方が間違っていると、本来の機能を全く発揮しません。まさに、宝の持ち腐れ状態。そんな状態から脱却すべく、今回は分かりやすく、写真で解説していきます。同じブラジャーでも、着用方法によっては、谷間や背中の見え方がこんなに違うのです!

正しくない着用方法の写真(前) 正しい着用方法の写真(前)
正しくないブラジャーの着用方法 正しいブラジャーの着用方法

まず、前から見てみると一目瞭然!ブラジャーを正しく着けるだけで、谷間の美しさが違ってきます。また、脇肉にも注目。正しい着用方法を知っていると、脇肉をきちんとしまい込むことができ、ボディラインをスリムに見せることができるんです。

正しくない着用方法の写真(横) 正しい着用方法の写真(横)
正しくないブラジャーの着用方法 正しいブラジャーの着用方法

次に、横から見てみましょう。洋服の上からは分かりづらいポイントではありますが、正しく着けないとカップが浮いてしまうことも。パカパカしてしまい、「なんだか着け心地が悪い」と思う原因にもなります。普段はあまり気にしていないかもしれませんが、写真で見てみるとその違いはよく分かりますよね。では、正しい着け方はどんな方法?というのを、次にお伝えしていきますね。

フィッターが自信を持ってお伝えする、ブラジャーの着け方

キレイなバストメイクポイントは、バストの黄金比を作れているかどうか。 首(鎖骨)の中心と、左右の乳頭を結んだ線が、正三角形を描いている状態が美しいといわれています。

ブラジャーの着け方

【1】上半身を前に倒し、ワイヤーのカーブをバストの付け根にしっかり合わせてブラジャーを装着。このときにストラップも調整してください。

【1】上半身を前に倒し、ワイヤーのカーブをバストの付け根にしっかり合わせてブラジャーを装着。このときにストラップも調整してください。

【2】上半身を横に倒します。

上半身を横に倒します

【3】ぽこっと出たお肉(脇腹あたりのお肉)を、手でつかんで持ち上げます。

ぽこっと出たお肉(脇腹あたりのお肉)を、手でつかんで持ち上げます。

【4】そのままお肉をバストの方へスライドし、すくうようにカップに収めます。

そのままお肉をバストの方へスライドし、すくうようにカップに収めます

【5】反対側も同様に、【2】~【4】を行います。

【6】上半身を起こし、胃の部分にあるお肉を持ち上げ、ブラジャーの中へ入れます。

上半身を起こし、胃の部分にあるお肉を持ち上げ、ブラジャーの中へ入れます

【7】左右の脇肉を、谷間へ流していきます。

左右の脇肉を、谷間へ流していきます

【8】もう一度、ワイヤーのカーブをバストの付け根にしっかり合わせます。

もう一度、ワイヤーのカーブをバストの付け根にしっかり合わせます

【9】バックベルトを2~3cm下げます。

バックベルトを2~3cm下げます

【10】ストラップがきつくないか確認します。ストラップの中に指を1本通し、前後に無理なく動かせるくらいがベストです。

ストラップがきつくないか確認します ストラップの中に指を1本通し、前後に無理なく動かせるくらいがベストです

以上が手順となります。最初は少し難しいかもしれませんが、慣れてくるとキレイなバストを作れるようになります。また、正しいブラジャーの着け方ついては、動画でも解説しているので、ぜひあわせてご覧ください。

動画:HEAVEN Japan公式チャンネル【ブラジャーの正しい着け方】

当てはまると、ブラジャーのサイズが合っていないかも…着用後、4つのチェックポイント

紹介した方法でブラジャーを着けた後は、下記のポイントもチェックしてみてください。万が一、当てはまる場合は、今使っているブラジャーのサイズが合っていないサインとなります。

カップが食い込む

カップが浮く

アンダーが食い込む

脇にお肉があふれる

カップが食い込む

少しの食い込みやバスト上部の段差が気になる場合は、1サイズアップがおすすめ。服を着たときに服の上からでも段差が分かる場合や、カップに胸が入りきらず乳輪や乳首が見えている場合は、2サイズ上げましょう。

バストにカップが食い込む

カップが浮く

カップサイズが合っていない可能性があります。ストラップが短い場合は調整して、それでもカップと胸の間に指1本分ほどの隙間が空いてしまう場合は、サイズを1サイズ下げましょう。下垂が原因で隙間ができることもあります。

カップが浮く

アンダーが食い込む

まずはホックで調整してみましょう。それでも食い込みが直らない場合は、実寸のアンダーサイズと、ブラジャーのアンダーサイズが合っていない可能性があります。

アンダーが食い込む

脇にお肉があふれる

カップサイズが合っていない可能性があります。アンダーバストも圧迫されている場合は、全体的に実寸サイズを計り直してみてください。

脇にお肉があふれる

やっぱり着用方法をプロに聞きたい!そんな方は直接フィッターに教えてもらおう

ここまで、ブラジャーの正しい着け方や着用後のチェックポイントを紹介してきましたが、「いきなり自分で正しく着けられるか不安…」という人もいると思います。そんなときにぜひお越しいただきたいのが、HEAVEN Japanの『試着体感サロン』。プロのフィッターがバストの実寸計測から正しい着け方までレクチャーしていきます。

フィッターがメニューの内容を説明している写真

私たちが心がけていることは、肉質や骨格を見ながらお肉を誘導し、やり場に困っていたお肉たちをバストに戻すこと。「実はこのお肉ちゃんたちは、みんなバストから逃げてきた子たちなんですよ」と分かりやすく説明しながら、バスト周辺のお肉を優しく確実に寄せ集め、ブラジャーのカップに戻していきます。ブラジャーを着用しただけなのに、驚くほど体のラインがスッキリし、バストがふっくらと仕上がりサイズアップするので、お客さまからは「自分ってこんなにバストがあったんだ」「谷間ができてる」と喜びの声をいただくことも。

フィッターがサイズを測っている写真

フィッターのアドバイスを聞き、正しいブラジャーの着け方を学べば、自分の家でも実践可能。いつでも美しいバストを作ることができます。数年後の「キレイ」を作るのは、今の自分です。ぜひこの機会に、プロのアドバイスを受けて、正しいブラジャーの着け方をマスターしてみませんか?

合わせて読みたい記事