お手入れ

スタッフが徹底検証!ブラジャーの洗い方決定版!!

着用後のブラジャー、みなさんどのようにお洗濯されていますか?
洗う頻度は、1回着用するたび?それとも数回使ってから?
洗う際には、洗濯表示どおりに手洗い?それとも、なんでも洗濯機で洗っちゃう?
型崩れを防いで長持ちさせるには、どう洗うのがベストなのか、HEAVEN Japanスタッフが検証してみました。

 

検証その1:洗濯の頻度

毎回洗う派/「直接身に着けるものだし、皮脂や汗が付いたままだと生地が傷みそう」
数回使ってから洗う派/「洗いすぎるとすぐへたったり、型崩れしやすそう」
そんな両者の主張は、一体どちらが正しいのか?気になる結果をご紹介します。

【実験方法】以下の条件のもと、同じ種類のブラをふたつ用意。ネットに入れて洗濯機で洗い比較。

【Aブラ】1回着用ごとに洗濯

【Bブラ】2回着用ごとに1回洗濯

しばらくどちらも変化が見られなかったものの、20回着用後の洗濯で変化が現れます。
Bブラの見た目が変わらないのに対し、Aブラはレースが捲り上がり、ストラップもよれ感が出てきました。そして30回の着用を終え、いよいよ最終結果。使用前のものと比べると、Aブラ、Bブラともにくたびれた印象ですが、特に【Bブラ】の方が、カップの型崩れ、ストラップのよれ、レースの捲り上がりなど、使用感が目立ちました。
今回の実験では、「毎日洗うほうがブラが傷みやすい」という結果に!洗濯方法や干し方、季節などによっても変わってくるので、ひとつの例として、参考にしてみてくださいね。

★詳細はコチラでチェック!
↓↓↓

 

検証その2:手洗いV.S.洗濯機洗い

手洗いがいいと頭ではわかっていても、なかなか行動に移せないのが現実。ネットに入れれば、洗濯機洗いでも大丈夫!と、信じたいけれど、実際はどうなんでしょう?
そこで、手洗いと洗濯機洗い、洗い方によるブラの耐久実験をしてみました。

【実験方法】以下の条件のもと、同じ種類のブラをふたつ用意。それぞれ計30回着用し、2回着用ごとに洗濯を行い比較。

【Aブラ】手洗いで洗濯

【Bブラ】ネットに入れて洗濯機で洗濯

着用10回目までは、どちらも状態は変わらず。20回目を終えると、Aブラ、Bブラともにところどころで縫製糸やレースのほつれが見られました。そしていよいよ30回目の着用後、洗濯をして最終検証!結果、洗濯機で洗ったBブラは、ワイヤーやサイドに入っているボーンの歪みが見られ、見た目もAブラに比べて、くたびれてしまっていました。
今回の検証では、やはりブラを長持ちさせるのは手洗い!という結果に。
特に補整効果の高いブラは、洗濯による傷みによって補整効果も薄れてしまいます 自分のバストを守るためにも、しっかりと手洗いして、効果的なバストケアを行いましょう!

★詳しい実験の様子はコチラから
 ↓ ↓ ↓

 

ブラジャーを長持ちさせる洗い方のコツ

「ブラは数回着用してから、手洗いするのがベター」という、先ほどの検証結果をふまえたうえで、ブラジャーをより長持ちさせる洗い方のポイントをご紹介します。

【用意するもの】
・洗面器
・下着用洗剤
・ティースプーン
・タオル(必要であれば)

ますは、ブラジャーの洗濯表示タグで水温・使用NGの洗剤成分・干し方などを事前に確認し、下記の行程で洗っていきます。

①下着用洗剤を適量、ぬるま湯で溶かす。
②パッドを取り出し、パッドポケットの中のゴミや糸くずをチェック。
③ホックを取り付け、サイドパネルの中のゴミや糸くずをチェック。
④皮脂・汗の汚れを取れやすくするために、ブラジャーを裏返し、洗濯水で優しく洗う。
⑤ワイヤーループなどのテープ部分を特になでるように洗う。
⑥パッドをもむように洗う。
⑦優しく泡が無くなるまですすぎ、水気を取る。
⑧表にひっくり返し、形を整える。
⑨アンダー部分を上にして干す。

ブラジャーのワイヤーの歪みやレースが傷むのを防ぐためにも、手間はかかりますが丁寧に手洗いすることが、大切なブラジャーを長持ちさせる一番のコツ!
お風呂に入るついでに洗うなど、習慣化してしまえば、そんなに大変ではありませんよ。
早速今日から始めてみてはいかがですか?

★詳しくはコチラで確認
 ↓ ↓ ↓

この記事を書いた人
合わせて読みたい記事

不二子みたいなセクシーバストに!?「老け胸」に効くバルコニータイプのブラジャーって?

適正下着 2017年5月19日
からだをキレイに整えるメディア「トトカラ」
アラサー・アラフォー世代にありがちな「ブラのパカパカ」。 若い頃はブラジャーのカップにバストがみっちり詰まっていたはずなのに、なぜか最近は …