ボディケア

大人のウェディンに効く!30代以上の花嫁におすすめの補正下着活用術

結婚の平均年齢は年々上昇し、再婚、再々婚も珍しくなってきた現代、30代・40代でウェディングドレスを纏う大人の花嫁さんが増えています。

「20代が結婚適齢」という凝り固まった考えはもう過去の産物。花嫁の年齢も多様化し、披露宴やドレスの形もそれぞれの個性で自由に選ぶ時代です。


今回は30代・40代の花嫁がウェディングドレスを美しく着こなすための下着情報をご案内。ボディラインや贅肉の悩みを下着で一気に解決しちゃいましょう。


ドレス選びの前に自分のカラダをチェック。年齢とともに変化するボディライン


女性に生まれたからには、一度は自分のウェディングドレス姿を頭に思い描いた事があるはず。
雑誌で見た外国人モデルが着ていたマーメイドタイプのドレスやビスチェタイプのセクシードレスを着た自分の姿…
幸せな想像に頬が綻びますが、その想像だけでドレス選びをするのはNG。

まずは自分のボディを総チェックして、今のカラダに最も似合うドレスを選ぶことが大切です。
20代の頃はふっくらしていた胸の上部のデコルテあたりが寂しくなり、バストトップの位置が下がっていませんか?
また、見えないからとスルーしがちな後姿にも要注意。

贅肉が付きやすい背中や下がりやすいヒップの頂点なども忘れずにチェックしなければ、理想のウェディングドレス姿には程遠い、痛い花嫁になってしまいます。
まずはヘヴンジャパンの試着体感サロンなどのフィッティングサービスを利用して、
今の自分の本当の正確なボディサイズを知り、自分の魅力だけでなく弱点もしっかり把握しておきましょう。

やっぱり憧れのドレスが着たい!大人向けウェディングドレスの着こなし術

「ウェディングドレスが似合わなくなったのね」と落胆することはありません。
デコレーションケーキのような派手系ドレスが主流だった時代と違い、今は新郎新婦の年齢やこだわりも多様化し、ある程度大人でなければ着こなせない上質なウェディングドレスも多数あります。

胸元の空いたドレスを上品に着こなし、シルクの滑らかな素材感を生かせるのも大人の貫禄があってこそ。
若い頃にはミスマッチになりがちだった高級ドレスも30代・40代なら無理なく着こなせます。

ただし…、その大人の魅力も自分のボディを知ってこそ。

ドレスからはみ出す背中の贅肉やげっそり痩せたデコルテ、お尻と太ももの境目がわからなくなったヒップラインなど、自分の身体の弱点をそのまま晒していては、せっかくのドレスも水の泡です。来る結婚式のためにエステやダイエットに励むのもいいですが、補整力のある下着を利用してボディメイクをしてみてはいかがでしょう。

大人だからこそ賢く選ぶ。ブライダルにも普段使いもできる補整インナー

ウェディングドレスは特別中の特別のドレス。コスプレでもしない限り普段に着ることはありません。
そんな特別なドレスを着こなすために販売されているのがブライダルインナー。
ぎゅうぎゅうと身体を占めるビスチェやガードル、ウェストニッパーなどが主流です。

でも、選ぶドレスによっては普段使いも楽しめる一般の補整下着で十分美しく着こなせることをご存知ですか?

ウェディングの時にしか活用できない矯正的なインナーに高額を費やすよりも、その後の生活でも使用できる補正インナーの方が納得できますよね。

たとえば、寂しくなったデコルテを美しく盛り上げてくれる胸不二子ブラや背中に脇にと縦横無尽にはみ出した贅肉をぎゅっと胸に戻してくれる脇肉キャッチャー

崩れがちなヒップラインやお腹の贅肉を一つの線に美しく整えてくれるワンラインガードルワンラインニッパーなど、ウェディングにも高いレベルで通用する優秀な補整下着があるのです。

胸もとだけでなく肩も丸ごとさらけ出す露出度の高いウェディングドレスには残念ながらストラップ付きのブラは利用できませんが半袖や長袖の上品なスリーブドレス、女性らしさをアピールできるパフスリーブドレスを選ぶ際はOK。

人生の最良の日を自分らしく過ごせる、着心地の良いウェディングインナー候補としてぜひ検討してくださいね。

まとめ

男性の初婚平均年齢は31.1歳、女性は29.4歳(厚生労働省調べ)の今、10代の若い花嫁から57歳で結婚された女優の浅野ゆう子さんまで、婚姻の年齢は千差万別です。

ドレスや式のこだわりも人それぞれ。30代以上の大人ならなおさら、普段の自分のスタイルを尊重した自分らしい結婚式にしたいですよね。

肩ひじを張りすぎない自然で上品な美しさのサポートにぜひ補整下着をご利用ください。普段使いのできる着心地のよい下着なら、ウェディング当日も楽しく快適に式の主役を務めあげられること間違いなしです!

文:林カオリ


フリーライター 林カオリ
《フリーライター・コラムニスト》
林カオリ
15年のオーストラリア滞在を経て、2012年に帰国。海外滞在時にはライフスタイルや海外情報・教育のスペシャリストとして、日豪両国で多数の媒体に執筆する。帰国後は女性の下着やライフスタイルの他、子育て・教育関連など、大人の女性の「知りたい」や「困った」に応える等身大の執筆活動を開始。20年を超える物書き経験と海外生活で得た知識やスキルを生かした取材・執筆が得意だが、2人の女児の育児に悪戦苦闘する”あかんたれ母”の側面も持つ。
忍び寄るエイジングを肌身でひしひしと感じつつ、HEAVEN Japanのライターとして自分のボディを切磋琢磨する(つもり)の日々。
合わせて読みたい記事