お手入れ

12月は下着の買い替え時! 新年は福を呼ぶラッキーカラーの下着で

師走といえば、クリスマスパーティや忘年会の他、年賀状やお正月の準備など、一年の中でも最も忙しい時期です。


気持ちよく新年を迎えるために大掃除をするのも12月。古くなった劣化下着やサイズの合わない下着にきっぱり見切りをつけるチャンスです。


この機会に古い下着を処分して、新しい下着で清々しく新年を迎えましょう。縁起の良いラッキーカラー下着など、新年におススメのご利益下着情報も併せてご案内いたします。


見過ごされやすい下着の棚の整理整頓は12月の多忙期こそおすすめ!


自分の下着の棚を頭にイメージしてみてください。ブラやショーツは何枚持っていますか?その全部の下着をきちんと使用していますか?

「どれも現役!全部使っている!」という方は、素晴らしい下着管理能力の持ち主。きっと年に数回は下着を見直して、きちんと新旧の入れ替えを行っている人だと思います。

「実はここ半年以上使っていない下着がたくさんある」という方。ご心配なく!筆者の私もそうでした。半年どころではなく、もう絶対に身に付けられないような大昔のブラですら持っていた始末。どの衣類のタンスよりも混とんとしていたのが下着の棚でした。

古くなったりサイズが合わなくなったりした洋服は衣替えの時に処分するのに、なぜか下着はそのまま。ブラジャーやパンツなどの季節に左右されにくい下着は、きちんと見直す機会も少ないのです。
つまり、大掃除時期の12月は数少ない下着の処分・見直し時期。この絶好のチャンスを見逃す手はありません。

補整力ゼロのダメ下着にさようなら。上手な下着の処分方法


「そうはいっても、まだ着られるし…」というあなた。その下着、本当にまだ現役ですか?身に付けられることはできても、本来のサポート力は失われているのではありませんか?

(例)
“ブラのワイヤーがよれて変形している”
“アンバーバストのゴム部分が伸びている”
“ストラップが伸びて肩から落ちやすくなっている”

というのは、ブラ劣化のサイン。

胸を隠すためには使えても、胸を美しくサポートする力はもうありません。大掃除の機会に、使命を終えたブラやパンツをきちんと見極めて、新しい下着へと入れ替えてはいかがでしょう。

下着を整理しづらいのは“捨てにくい”というのも一つの理由。自分が捨てた下着がごみ袋から透けて見えてしまう事は何としても避けたいですよね。

ブラジャーを捨てる時は、まずワイヤーを取り外し、新聞紙などに包んでから燃えるゴミの日に処分すれば大丈夫。

ワイヤー部分は燃えないゴミとして分別処理しましょう。また、大掃除のこの時期、古い下着を雑巾替わりに使用するのもおすすめ。拭き掃除の後に気兼ねなく使い捨てできるのでとても便利です。

歳末バーゲンを狙え!? 下着のかしこい買い替え方法

総務省統計局によれば、日本人が1年のうちで最も下着を購入する月は12月なのだそう。新年を晴れ着で過ごしたり、真新しい服を身に着けて過ごしたりする昔ながらの日本の風習が影響を与えているのかもしれません。

たしかに、新年に新しい下着で初もうでをすると身も心もキュッと引き締まりますよね。

また、会社員の人にとって12月はボーナスのシーズンでもあります。

1年頑張った自分へのご褒美に、または大切な人へのプレゼントに、下着を購入する人も少なくないようです。さらに12月には歳末バーゲンやクリスマスセールなど、欲しかった商品がお得な価格で購入できるバーゲンセールが各地で大々的に繰り広げられます。

魅了的なパッケージ商品や特別商品も次々と登場し、購買意欲は最高潮に。よい商品がお得に買えるチャンスが多い12月に下着を買い替える人が多いのも納得ですね。

2018年のラッキーカラーは?新年に福を呼ぶ幸運下着

来年の干支は戌年で九星気学いうと九紫火星の年。何事もスピーディーに物事が運ぶ動きの大きな年のようです。激しい運気の流れから振り落とされないよう、
ラッキーカラーの下着で身を守るのも一計。
風水や気学的にはゴールドやオレンジ、シルバー、グリーン、ピンク、ベージュなどが、ラッキーカラーに当たるそうですよ!

「占いはあんまり気にしないの」という方は、色彩学を新しい下着選びに取り入れてみては?

色が心理に与える影響は、実際のビジネスや研究でも幅広く活用されています。たとえば、お祝い事多用される「赤」は勇気や活力を増す色。気分を高揚させてくれるため、少し元気のない時に着用すると気分が上るかもしれませんね。時間を短く感じる色としても知られ、回転率を重視する飲食店などでも多用されています。

「白」は新年によく使う色です。潔白、清潔なイメージで物事の始まりを感じさせる白は、新しい年のスタートにぴったりです。心身ともにリフレッシュして新たな気持ちで2018年をスタートしたい人には、おろしたての白で新年を迎えてはいかがでしょう。

クリスマスやハロウィンなど海外発祥のイベントも盛り上がりますが、お正月は日本人にとって年中行事の中でも別格の存在です。よい新年を迎えるために、普段見逃されがちな下着の入れ替えも行いましょう。


お正月の晴れ着と合わせて新しい下着を身に付ければ、身も心もすがすがしい神聖な気持ちで新年を迎えられること間違いなしです!狙っていたあの商品をお得な価格で手に入れるためにも、ぜひ12月のお買い得シーズンをお見逃しなく。

文:林カオリ


フリーライター 林カオリ
《フリーライター・コラムニスト》
林カオリ
15年のオーストラリア滞在を経て、2012年に帰国。海外滞在時にはライフスタイルや海外情報・教育のスペシャリストとして、日豪両国で多数の媒体に執筆する。帰国後は女性の下着やライフスタイルの他、子育て・教育関連など、大人の女性の「知りたい」や「困った」に応える等身大の執筆活動を開始。20年を超える物書き経験と海外生活で得た知識やスキルを生かした取材・執筆が得意だが、2人の女児の育児に悪戦苦闘する”あかんたれ母”の側面も持つ。
忍び寄るエイジングを肌身でひしひしと感じつつ、HEAVEN Japanのライターとして自分のボディを切磋琢磨する(つもり)の日々。